ネイルサロンで働くなら資格を取得しよう【就職口の幅を広げる】

豊富な魅力があるネイル

女性

ジェルネイルはネイルの中でも人気のネイルです。名古屋ではジェルネイル専門のサロンもあります。魅力は持ちがよいこと、強度があること、独特の艶とぷっくり感があり発色がきれいなことなどです。学ぶときは目的をはっきりさせて選び、見学にいってから決めましょう。

詳しく見る

検定に挑むべきか

マニキュア

スキルの証明になる

ネイルサロンで働くのに、必ず資格が求められるわけではありません。しかし、スクールなどで学んでいない全くの初心者の場合は、就職が難しいでしょう。というのも、ネイリストの仕事は単純に爪を整えたり、ネイルポリッシュを塗ったりするだけではないからです。スカルプチュアネイルやジェルネイルなど、デザインネイルを施す技術を独学で得るのは難しいため、スクールで知識や技術を習得するのが一般的です。さらにネイル関係の材料は優しい素材とは言えないものが多いので、十分な知識がないと、お客様の爪を傷めてしまったりアレルギー症状を出してしまったりトラブルを起こす可能性があります。スクールでしっかりとスキルを得た学生の多くが、技術等を証明するために資格を取得しています。求人でも応募条件に資格の有無を問うサロンがあるので、就職口の幅を広げるにも資格取得は役立つでしょう。それに将来独立してサロンを開く場合、資格がお客様に安心して来店してもらうための看板代わりになります。ネイル検定の種類は主にネイリスト技能検定とネイルスペシャル技能検定試験で、プロ向けの試験は難易度が高めです。特に後者は合格率が低めなので、ネイルサロンで働きながらスキルを磨き、上級者向けの検定に挑戦していくというコースが妥当です。いずれも受験資格はなく、ネイリスト技能検定3級のみ年4回の実施で、他は年2回の実施となっています。難易度の高い検定合格のためには、スケジュールを組んでしっかりと練習を重ねることが大切です。

初心者でも安心して通える

チップ

これからネイルの知識を深めたいと思っていても専門学校に通うことには躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、そのような心配はいらないでしょう。ネイルの専門学校には初心者からプロのネイリストの方まで対応する幅広い学習コースがあって、自分に最適な選択ができるようになっているからです。

詳しく見る

さまざまなスタイルの学校

マネキン

東京で服飾専門学校に通う場合には、学校の選択が重要になります。学校によってスタイルも異なっているので、通いやすい学校で学習することも一つの方法です。また卒業後の就職を見越して学校を選ぶという方法もあります。

詳しく見る

スクール選びで押さえる点

マニキュア

名古屋エリアの様に多くのネイルスクールがあるエリアは選定するだけでも一苦労です。ネイルスクールを選定する上で大切なのが受講期間と認定校か否かと言う点です。なお、認定校で無くても資格の合格率が高い学校もあるので、合格率が高い学校は別途、選択肢としてチェックしておくと良いでしょう。

詳しく見る

とっておきたい検定

施術

ネイリストになるために資格は必要ありませんが、開業する際の信頼度を高めたり、サロンでの給与を上げるために役立つものもあります。ネイルに関する技術やペーパーテストに合格する必要があり、しっかりとした対策が必要です。

詳しく見る