ネイルサロンで働くなら資格を取得しよう【就職口の幅を広げる】

とっておきたい検定

施術

検定が役に立つ

美容師や管理栄養士などは国家資格がなければ名乗ることもできませんし、開業することもできません。その一方でネイリストは国家資格がないため、誰でも名乗ることはできますが。多くの顧客を獲得するためには資格で信頼性をアピールすることも重要です。ネイルに関する資格はいくつかありますが、代表的なものとして挙げられるのはJNECネイリスト技能検定やJNAジェルネイル技能検定です。これらは筆記と実技試験においてネイリストとして技能を測るもので、独立開業するのであればそれぞれ2級・中級程度は獲得しているのが望ましいともいわれます。独立しなくてもこうした資格は役に立つものです、ネイルサロンに勤務していてこれらの資格を有している場合、1級資格手当てとして給与が加算されることもあるのです。ちなみに、自分でネイルサロンを開設したいという場合にはネイルサロン衛生管理士という資格が役に立つでしょう。これはネイルサロンとしての安全性や衛生性が高いものである、信頼できるレベルに達しているというアピールにもなり、自分にとっても顧客にとってもプラスになるでしょう。どれも国家資格ではないため、受験資格はありませんが、合格率は高いわけではなく、専門書などでの勉強やサロンでの研修などを受けていないと合格するのは難しいかもしれません。ネイリストは人気の仕事ですが、だからこそ競争率も高く、高いレベルが求められる仕事のひとつです。自分の技術を高めていく向上心を忘れずに常に腕を磨いていく人に向いているかもしれませんね。